最近、ちょっと昔に放送されたドラマをレンタルしてきてみるのがひそかな楽しみです。小さい坊やがいて映画やじっくり食事というのもひどくて、なにか効くリフレッシュといったおもって坊やのDVDを借りながら、昔のドラマをかりてみたら楽しくはまってしまい、坊やがねたあとの楽しみにしている。はじめは、「都内ラブストーリー」をみだしたら、切なく泣けて純情な盛り上がりに断じてひたって、織田裕二さんのドラマがますますみたくなりました。つづいて、「おかもがない」をかりて、観ながら当時を思い起こしたり、必ず思い出深い盛り上がりになりました。
大ヒットドラマの「踊る大探訪線」は一度も見たことが無く、これも楽しく今日通り掛けまで見ているところです。織田裕二さんの仲間入りが上手で、しかも思い出深いタレントさんが出席やるポイントも新鮮で、日々家事のあいまのちょっとした時間を、徹頭徹尾ブレイクタイムにあてている。穏やかで手軽、こんな時間の使い方も良いなと楽しんでいます。

クリアネイルショットをお得に購入

だいすけお兄さん、事例横山だいすけさん。
NHKおかあさんといっしょの健在お兄さんですね。
歌のお兄さんになるためにがんばってきた勤勉のヒューマンで、歌のお姉さんの三谷たくみくんと共に、みんなが温かいまぶたで見守っている、あんなタッグですよね。
実際私も杉田あきひろくんに並ぶくらい好きなお兄さんだ。

常にファッションも爽やかな感じで、どうにも二の腕をあげるって事例、ありませんよね?
だからこそ、ショックだった「あ・い・う・え・おにぎり」の踊り。
誠に、な誠に!!お兄さんってお姉さんがおにぎりのかぶりものをやるか。

も、かぶり一品とか、カモフラージュ?はよくある話ですよね?

「パンパパ・パン」や「みんなの頻度」が諳記に初々しい先でしょうか。
それでも「~おにぎり」は出てたんですよ!にょきっと二の腕が。
しかも体操のいざお兄さんにも渡り合えるんじゃないかと勝手に推測する、筋肉に秒殺でした。

確かに、歌のお兄さんと言えど、歌だけでなく踊りも踊る。
ファミリーライブも立ち回る。それほどなってもおかしくはないんですよね。
それでも二の腕を見分けるのははじめてだったので、惚れてしまいそうでした。

そういっただいすけお兄さんというたくみお姉さんも、就任8時まぶた。
最近の企画は歌の部分は過去の評価曲を思い切りやっていて、真新しい歌はよく流していないような気がします。
そうすると、今年度で完了…かなと予測してしまうかなしい性。
個人的には坂田おさむちゃんという就任年数タイ、ではなく文書を更新して9時まぶたもやってくださいところですが、一体全体どうなるか楽しみです。